close

新製品

『世界のTea time #1 フィーカ』のご紹介

世界のTea time #1 フィーカ

世界の伝統的な喫茶文化をテーマとした新シリーズ。
飲み物だけでなく茶器やお菓子なども含めたお茶文化そのものをモチーフにしたもので、#1 はフィーカ。

コーヒーやお茶を飲んで休憩をする、スウェーデンのティータイムをイメージしました。フィーカはスウェーデン語の「kaffi(コーヒー)」が派生して、この言葉が生まれたとされています。伝統的には、シナモンロールやハロングロットルというラズベリージャムがのったクッキーなどの焼き菓子を一緒に食べるのが定番です。
3種の万年筆、2種のボールペン、万年筆用ボトルインクの全6種。

カラーリングモチーフ

カップ&ソーサー
北欧らしい青い濃淡のカップ&ソーサー。
パールがきらめく2色の青に、上からコーヒーが注がれたような茶色がアクセントに。

→「世界のティータイム KOP 万年筆 フィーカ カップ&ソーサー」製品ページはこちら

→「世界のティータイム 万年筆 フィーカ カップ&ソーサー」製品ページはこちら

→「世界のティータイム ボールペン フィーカ カップ&ソーサー」製品ページはこちら

ハロングロットル
ラズベリージャムがのった丸いクッキー。
ボディーはジャムを思わせる2種類の透明度の赤。

蓋の上はまるでハロングロットルがちょこんと乗っているよう。

→「世界のティータイム スリム万年筆 フィーカ ハロングロットル」製品ページはこちら

→「世界のティータイム スリムボールペン フィーカ ハロングロットル」製品ページはこちら

フィーカ(ボトルインク)
フィーカは、スウェーデン語の「kaffi(コーヒー)」が派生し、この言葉が生まれたとされています。
ボトルインクの色は、語源になったとされるコーヒーをイメージしています。

→「世界のティータイム 万年筆用ボトルインク フィーカ」製品ページはこちら

開発にあたり

ハロングロットルは、ラズベリージャムをイメージした赤色がメイン色です。
ジャムの奥行きのある透明感と艶感を出すために、透明度の異なる樹脂を蓋/胴に使用し、メタシャインと言われる細かなガラスの粒子を加えました。

カップ&ソーサーは、白地に青い模様が描かれたカップ&ソーサーをパール入りの2色の青色で表現しています。
蓋上面の蓋栓飾りは、カップにコーヒーが注がれている様子をイメージし茶色を選びました。

ボトルインクは、コーヒーをイメージした茶色。普段使いしやすい色味です。

世界のティータイム フィーカを是非ともお楽しみください!

Topへ